哀音

夏の日の(ひる)さがり、

()汽車(きしや)物憂(ものう)げに

黒き煙を息吹(いぶ)きつゝ、

炎天(えんてん)東海道(とうかいどう)を西へ馳す。




()ゆゑ、はたわれからの

黒熱(こくねつ)()(ただ)れ、

灰汗(あく)の[#「灰汗の」はママ]洪水(でみず)胸底(むなぞこ)

(まつり)(ちやう)(うしな)ひし

病人(やまうど)なれば、天地(あめつち)

眺望(ながめ)ことごと(はひ)()みて、

あゝうたてしや、ひたぶるに、(なみだ)ぞ落つる。

乗合は(せな)(せな)

(かた)犇々(ひし/\)とすりあひぬ。

     
 

哀音

近江を過ぎて京ちかき


山科(やましな)や、(たけ)入日(いりひ)に、

鬱憂(うつゆう)のこゝろは(おも)く、

()じ疲れたる目はひと目

線路(せんろ)(すな)に――あゝこの時、

胸はまた()みて(つぶ)れぬ。

()よ、鉄道(てつだう)枕木(まくらぎ)は、

()ゆべからざる病人(やまうど)

素枯(すが)れはてたる肋骨(あばら)なり。

と見る、また()が乗る汽車(きしや)

痩せて(ほそ)れる肋骨(ろくこつ)

()ある(きば)()みてゆく

黒蛇(くろへび)よ、あゝ()使(つか)ひ。――

     

哀音

『無明』の子なる病人(やまうど)は、

をさな心にいとせめて

垂乳(たらちね)の膝まくら

しばし安睡(やすい)の夢見むと、

()故郷(ふるさと)琉球(りうきう)

五百里さかる海の島、


われを載せたる黒蛇(くろへび)

(いきほ)(まう)に、こは如何に、

その故郷(ふるさと)行過(ゆきす)ぎつ、

右に横たふ山脈(やまなみ)

はや冥府(よみ)(くに)、血に染めし

硫黄(いわう)の池も近づくよ、

あなゆるせやと(うめ)き伏し、

やゝありて(われ)にかへれば、

(きやう)水無月(みなづき)祇園会(ぎをんゑ)(そら)うつくしき星月夜(ほしづきよ)

我が汽車はしづしづと


涙さしぐむ哀音(あいおん)

汽笛して七条(しちぜう)出でぬ。

哀音


底本:「沖縄文学全集 第1巻 詩※[#ローマ数字1、1-13-21]」国書刊行会
   1991(平成3)年6月6日第1刷
入力:坂本真一
校正:フクポー
2018年1月27日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。