太陽とかわず

(いけ)(なか)水草(みずくさ)がありましたが、(なが)(ふゆ)(あいだ)(みず)(こお)っていましたために、(くさ)はほとんど()れてしまいそうに(よわ)っていました。それは、この(くさ)にとって、どんなに(なが)(あいだ)でありましたでしょう。  そのうちに、やっと(はる)がきまして、(こおり)()けはじめました。(いけ)(みず)()()しぬるんできて、()(ひかり)がその(おもて)()らすようになりましたので、水草(みずくさ)は、なつかしい太陽(たいよう)をはじめて(あお)ぐことができました。  太陽(たいよう)が、にこやかに(わら)って(ちい)さな水草(みずくさ)をじっとながめましたときに、(くさ)はうれしさに、(こころ)はもういっぱいで、()(なみだ)ぐんで太陽(たいよう)(うった)えました。 「お()さま、もうわたしは、まったく()にそうでございました。もしも、あなたがもっと(なが)(あいだ)わたしをこんなに(あたた)かに()らしてくださらなかったなら、わたしは、ほんとうに(こご)えて()んでしまったでしょう。どうか、もうわたしを見捨(みす)てないでくださいまし。わたしの(ちい)さな紫色(むらさきいろ)(はな)()きますまでは、どうぞ毎日(まいにち)のようにお(めぐ)(ぶか)(ひかり)()らしてくださいまし。わたしは、いまからその()になって、また毎日(まいにち)(あめ)()るのが気遣(きづか)わしゅうございます。どういうものかわたしは、この(いけ)(なか)()んでいるかわずと気質(きしつ)()わないので、つねに(くる)しめられますけれども、なんといっても、かわずのほうがわたしより(つよ)うございます。それに、かわずは(あめ)()きで、(あめ)()るようにいつも(うった)えますので、わたしたちは(みじか)(いのち)(あめ)のために(なや)まされるのでございます。どうぞ、お()さま、わたしたちをお(めぐ)みください。」と、水草(みずくさ)はいいました。

      

太陽とかわず

太陽(たいよう)(わら)って、水草(みずくさ)(うった)えを()いていましたが、「わかった、わかった。」と、その(あたま)()ってみせました。
 ある()、かわずは(いけ)()()かんで、太陽(たいよう)(ひかり)脊中(せなか)()していました。そのとき、太陽(たいよう)は、やさしく、かわずに()かっていいました。
(わたし)は、この大空(おおぞら)毎日(まいにち)(ひがし)から西(にし)自由(じゆう)(ある)いている。おまえは、その(いけ)をかってに(およ)ぎまわることができる。(わたし)は、(そら)大王(だいおう)()ばれている。してみると、おまえは、(いけ)(おう)さまだ。(わたし)今日(きょう)から、おまえを(いけ)(おう)さまにしてやる。それにしては、(わたし)が、すべてのものに(たい)して(めぐ)(ふか)いように、おまえは、(いけ)(なか)のものに(たい)して、だれにでもしんせつでなければならない。」と、太陽(たいよう)(さと)しました。
 わがままでとんまでありましたけれど、いたって(ひと)のいいかわずは、すぐに得意(とくい)になってしまいました。
「おお、(おれ)は、(いけ)(なか)(おう)さまになったんだ。この(ひろ)(いけ)はみんな(おれ)領地(りょうち)だ。なんと(おれ)はえらいもんだろう。」と、かわずはあたりを()まわしました。
 それからというものは、かわずは、(あさ)太陽(たいよう)(のぼ)るとともに()き、(ゆう)べは、太陽(たいよう)(しず)むときまで、ともに(みず)(なか)をはねまわって、なにやらわからぬことを(くち)やかましくいって、(いけ)(なか)(おさ)めるためにいっしょうけんめいであったのであります。

太陽とかわず

しかし(いけ)(そこ)には、かわずのまだ()らない、いろいろな(うお)や、また(おそ)ろしい(むし)などが()んでいました。(ひと)り、(みず)(なか)ばかりでなく、(いけ)周囲(しゅうい)には、(もり)があり、やぶなどがありました。そこには、()や、ぶとや、はちや、小鳥(ことり)などが()んでいます。それらに(たい)しても、この(いけ)(おう)さまであるかわずは、いちいち()(くば)らなければなりませんでした。
 いままで、あんまりなんにも(かんが)えるということをしなかったかわずは、(よる)もろくろく(やす)むことができなくなりました。たまたまいい月夜(つきよ)で、(つき)(ひかり)(いけ)()黄色(きいろ)(いろど)りますと、かわずはびっくりして、不意(ふい)()()がって、もう(はや)、お()さまがお(のぼ)りになったのかと(おも)い、大騒(おおさわ)ぎをして、(くち)やかましく、しゃべりたてることもありました。

太陽とかわず

(はる)()午後(ごご)のことでありました。
「だいぶん(みず)(あたた)かになった。旅行(りょこう)にはいい自分(じぶん)である。幾日(いくにち)かかるかしれないが、この(ひろ)領地(りょうち)一巡(ひとめぐ)りしてこようと(おも)う。」と、かわずは、さざなみの()(いけ)()見渡(みわた)しながら(ひと)(ごと)をもらしていました。  そのとき、そばでこれを()いていた一ぴきのぶとがありました。
「かわずさん、旅行(りょこう)って、どこまでおいでなさるのでございますか。」と、ぶとが()いました。
 かわずは、不意(ふい)にこういってきかれたので、ちょっと(おどろ)きました。そして、そばに(ちい)さなぶとがいたことに()づきました。
「おまえはまだ()らないが、お()さまは(そら)大王(だいおう)だ。(おれ)は、この(いけ)(おう)さまなんだ。なんとこの(いけ)(ひろ)いもんじゃないか。お()さまが(ひがし)(もり)からお(のぼ)りなさって、西(にし)(もり)(しず)みなさるまでちょうど一|(にち)かかる。まるで、お()さまは、この(いけ)()らしなさるために、(そら)をああして(ある)いていなさるのだ。その(いけ)は、(おれ)領地(りょうち)だ。(おれ)がこの(いけ)一巡(ひとめぐ)りせんでいいものか、(かんが)えてみるがいい。」と、かわずはいいました。
すると、ぶとは、おかしさをこらえながら、
「かわずさん、あなたは、世間(せけん)がどんなに(ひろ)いかまだお()りなさらない。(わたし)は、昨日(きのう)(うま)について、遠方(えんぽう)までいってまいりました。(つか)れると(うま)(からだ)に止まりました。ほかにはもっと(おお)きな(いけ)があります。また、(おお)きな(もり)がいくつもあります。かわずさん、あなたは、まだお()りなされないでしょうが、またにぎやかな(まち)があって、そこには(めずら)しいものや、きれいなものがいっぱいでした。あなたも世間(せけん)()てごらんなされたら、こんな(いけ)は、てんで問題(もんだい)にならないことをお(さと)りなさったにちがいありません。」と、ぶとは(かた)ったのです。

太陽とかわず

かわずは、ぶとの(はなし)()いて、それをほとんど(しん)ずることができないほど(おどろ)いたのです。そして、もしそれがまったくほんとうであったなら、自分(じぶん)のいままでの(かんが)えが一|(ぺん)することを自分(じぶん)ながらおそれたのです。
「おまえは、なにか(ゆめ)でも()たのじゃないか。」と、かわずはいいました。
「かわずさん、なんで(ゆめ)なもんですか、まったくほんとうのことでございます。」と、ぶとは(こた)えました。
かわずは、(こころ)(うち)で、なんで、ぶとが(うま)などについていったろう、ゆかなければ、そんなものを()てこなかったろう。()てこなければ、(おれ)(あたま)(なか)まで、ひっくりかえすようなことをしなかったろう。そうすれば、(おれ)は、やはりこの(いけ)(おう)さまで、安心(あんしん)していられたものを、とんでもないことになったもんだと(おも)いました。かわずは、しばらく(かんが)えていましたが、
「おまえは、昨日(きのう)()てきたことをすっかり(わす)れてしまえ。」と、かわずは、ぶとにいいました。
すると、ぶとは、当惑(とうわく)そうにかわずを()つめて、
「だって、この(わたし)(あたま)(なか)(きざ)みつけられた、世間(せけん)()(さま)を、どうして(わす)れることができましょう?」と、ぶとは(こた)えました。
かわずは(こま)ってしまいました。
「おまえは、そのことをだれかに(はな)したか。」と、かわずはたずねました。
「いえ、まだ(わたし)は、だれにもあいませんでした。今度(こんど)あったら、みんなに()かしてやろうと(おも)っています。」と、ぶとが(こた)えました。
 かわずは、ぶとがみんなに、そのことを()かしたら、そのとき、みんなはどんなに(さわ)()すだろう。そして、この(いけ)をいちばんいいところと(おも)わなくなりはしないかと心配(しんぱい)したのです。

太陽とかわず

かわずは、しばらく思案(しあん)()れていました。 「そうだ。このぶとの(ちい)さな(あたま)(なか)に、その世間(せけん)というものがみんな(はい)っているはずだ。それをすっかり、(おれ)のものにしてしまうことは造作(ぞうさ)もないことだ。(おれ)が、このぶとをのんでしまえば、みんな(おれ)のものになってしまうだろう。そして、だれにも、しゃべられる心配(しんぱい)もなくなってしまって、このうえもない、いいことなんだ。」と、かわずは(かんが)えました。  かわずは、不意(ふい)に、(おお)きな(くち)()けて、(ちい)さなぶとを(あたま)からのみこんでしまいました。  しばらくたってから、かわずは、世間(せけん)がそっくり自分(じぶん)(あたま)(なか)(はい)ってしまったものと(おも)って、それを(かんが)()そうとしました。しかし、ぶとのいったような世間(せけん)は、てんで()えなかったのであります。そこでかわずは、ぶとがうそをいったのだと(しん)じました。そして、やっと安心(あんしん)しました。(そら)大王(だいおう)はお()さまで、(いけ)(おう)さまは自分(じぶん)だと(おも)ったのであります。

太陽とかわず

底本:「定本小川未明童話全集 1」講談社
   1976(昭和51)年11月10日第1刷
   1977(昭和52)年C第3刷
※表題は底本では、「太陽(たいよう)とかわず」となっています。
入力:特定非営利活動法人はるかぜ
校正:江村秀之
2013年9月23日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。